介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
介護食は無理なく食べられる状態にすること

介護食は無理なく食べられる状態にすること

介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、ケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお勧めします。

介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役にたちます。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。

年齢の変化や病気によってそれまでのように食事ができなくなります。介護食は食べる機能が低下した方に提供する食事ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。安全で安心して食事をするための目安の指標として介護食は程度によってわけられているのです。

食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安心して食事をとる事が出来てるようになるものです。

介護施設の食事は栄養士がバランスの良い献立をつくり、調理担当が作ったお料理を用意していますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。

所によっては、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状の食事ではなく、料理の見栄えを大切にしつつ結構簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、立とえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を教えてくれる老人ホームもあります。

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。食事のし易さに重きを置きすぎて、味は持ちろんのこと見た目が悪くても、食べたくない気持ちが大きくなってしまいます。

食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込んだり噛向ことも満足にできなくなっていきます。若い頃平気で食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときにむせることが増え、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう惧れもあります。そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、食事量自体が減ってしまい体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そういった場合は、今ある食材をプラスするなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できる食事を常に意識すると良いでしょう。

食欲がないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も悪く、味もオイシイとは言えないものでした。

入院生活を送っている高齢者の方の食事が進まなかったのは噛めないのではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、自宅で食事の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪いものは絶対に出さないと決めました。入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、食べやすい形状のものであるなら何でも食べられると教わりました。三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう可能性が高いことをいいます。このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日々の生活がままならなくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ困難な状態に繋がるとされています。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態のすべての原因なのです。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はどれだけ歳を取っても食事を楽しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少量でも必要な栄養を摂取できる商品などがあります。

家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。

介護用食品があれば、気持ちに少しゆとりができたり、食べやすい料理を作る手間も省けます。介護を受ける方もその家族も、どちらにも嬉しい介護食品を活用してみて下さい。

疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、ゲンキに動ける骨格筋を保つために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。例えば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、もし肉や魚が上手に食べられない人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。

そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質には栄養素、例えばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、長生きできるそうです。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.