介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
加齢や病気・怪我などにより、固いものが食

加齢や病気・怪我などにより、

加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はどれだけ歳を取ってもご飯を愉しめるために、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。

ご自宅で介護食を造ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。

介護をする側もされる側も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くおすすめします。

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、特に食べるのが困難な方に対しては、その方にあった調理方法で調理することが大切です。

そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、料理の見栄えを大事にしつつおもったより簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、立とえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、美味しく食べられる調理法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なくご飯がおこなえる目標の基準として介護食は程度によって分けられています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも安心してご飯をとることができるようになるものです。食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、オイシイものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、立とえ少ししか食べられないとしてもバランスのよいご飯を心がけましょう。

食欲がないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。ごはんに比べるとおかゆは水分が多いので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫で不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。完成された料理をその通りペースト状にして出すことが病院では一般的で、見た目も悪く、味もオイシイとは言えないものでした。入院している高齢者の方の食が進まなかったのは噛めないのではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅で造る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないつもりです。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後のご飯について伺ったら、食べやすい形状のものの場合には何でも食べられると教わりました。少しずつ分けて冷凍保存しておけば、いそがしいときでもすぐにご飯の用意ができることに気づきました。

見た目が良くて美味し沿うな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は失われてしまいます。

上手に噛めない方でも口にしやすいか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。

年齢と一緒に口の中で造られる唾液の量は減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状につくり変えます。

より食べやすい介護食を造るために、また身の回りの世話をする方のご飯の用意の負担をなるべく少なくするためにも、調理器具があると便利です。一般的に介護食は柔らかく、口に入れ立ときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶす事ができます。

よりなめらかな方が好ましい場合には、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。昔からよく食べていたものを思うように食べられず、飲み込むときにむせることが増え、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう怖れもあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。怪我や病気に負けない体を造るためにカロリーを、いつまでも体を活発に動かせるように意識して良質なタンパク質を摂ることをおすすめします。たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、その代わりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取する事ができます。

たんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う栄養素、たとえばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、多くの食材を毎日取っている人は沿うでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、長生きであるという調査報告もあります。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、どんどん悪化しつづけてしまうと介護が必要になる可能性が高いことをいいます。

このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がることが知られています。

これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.