介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
介護食は食べやすい形にすることがと

介護食は食べやすい形にすることがと

介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、出来るだけご飯を用意しやすくするためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。

介護食の特性は柔らかく、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

それ以外にもマッシャーやすり鉢を使用してより食べやすい形にすることもできます。

さらになめらかにするときには、裏ごし器を使ってより舌触りをよくすることをお勧めします。ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、あえて手の込んだものはつくらなくなってしまいます。

そんなときは、身近にある食品をプラスして、少量でも効率よく栄養が摂れるように工夫してみましょう。ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆをつくるとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。

もしもおかゆを食べるのでしたら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、エネルギーと栄養をプラスしましょう。

年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。

介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。

問題なくご飯が行える目標の基準として介護食のレベルがあります。

嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、病院や施設と同じように家庭でも問題なくご飯をおこなうためにとても役たつ指標です。ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。

フレイルとは昔に比べて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう可能性が高い状態をいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや座ったりなどの普通の暮らしが難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態になってしまうといいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。

昔からよく食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。

その他お年寄りにみられる特性として、若い頃よりも食欲がなくなるので、なるだけ食べやすいものを食べてしまいがちになったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養が偏った状態になっている怖れがあります。

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手に食べられない、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用食品はどれだけ歳を取ってもご飯を楽しめるために、食べやすさを第一に考えてつくられた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。

介護をうける方も、介護をする方も、どちらに結構ありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。介護施設のご飯は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。

そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれたご飯ではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、上手に噛向ことや飲向事が出来てない方でも、味わって食べられる創り方を提供している老人ホームもあります。

病院で出されるご飯は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。入院生活を送っている高齢者の方のご飯があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、家では完成品を丸ごとミキサーにかけるものは絶対に出さないと決めました。

病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、柔らかいものでしたら何でも好みの物を食べても良いと言われました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなると気づきました。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、げんきに動ける骨格筋を保つために質の良いタンパク質を摂ることを心がけましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が苦手な人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいですよ。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素がふくまれているため、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできるそうです。

介護食も普通食に対してと同様に、美味しそうな見た目のものが好まれます。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食欲は無くなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

高齢者は唾液の分泌量が低下するため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に創り変えます。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.