介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
食べることに楽しさが見出せず食べにくさばか

食べることに楽しさが見出せず食べ

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、あえて手の込んだものは造らなくなってしまいます。

そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取できるご飯を常に意識すると良いでしょう。

あまりご飯をしたくないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを作るとき、ごはんより多く水を使うので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫で不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。

若い頃平気で食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むたびにむせるようになり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。

その他お年寄りにみられる特性として、若い頃よりも食欲がなくなるので、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、ご飯量自体が減ってしまい栄養バランスが崩れてしまっていることがあります。より食べやすい介護食を作るために、またケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお奨めします。

介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは水分が少量でも食材を刻む、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役にたちます。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。

よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。介護食の見た目は、食べたいという気もちを出すためにとても重要なことです。

飲み込みやすさや食べやすさを重視しすぎて、見た感じも悪く、味もあまり良くないものだと、食欲は無くなってしまいます。食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安全に食べられるように配慮します。

年齢と伴に口の中で造られる唾液の量は減ってくるため、口に入れ立ときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。

逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい具材を使用して、ご飯に負担のない形状に作り変えます。

年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 いつまでも体を活発に動かせるように良質なたんぱく質を摂取しましょう。質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐でたんぱく質を摂って頂戴。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質には多様なアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、いつまでも健康でいられるそうです。

食べる機能は加齢や疾患によって低下します。介護食は食べる機能が低下した方に提供するご飯ですが、人それぞれ機能の程度は異なります。問題なくご飯がおこなえる目標の基準として介護食は全ての方に合わせてレベルが分けられています。

嚥下食ピラミッドは全てのご飯を摂食・嚥下の難易度にあわせて、普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、それぞれの段階に合わせて食物の形や、やわらかさを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全なご飯を用意するために、とてもわかりやすく使いやすい指標です。

介護施設のご飯は栄養士がバランスのとれたメニューを考え、それをもとに調理師が調理したものを出していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

介護施設によって、ミキサーなどの器具を使って造られた流動食ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、思うように噛んだり飲んだりすることが困難な方でも、味わって食べられる作り方を老人ホームによっては提供しています。

年齢と伴に、また病気や怪我などによって固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、いかに食べやすいかを重要視した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。

家庭で介護食を作ることは決して容易なことではありません。介護用食品があれば、気もちに少しゆとりができたり、何を作るか頭を悩ませる必要もなくなります。

当事者も身の回りのお世話をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみて頂戴。

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になるであろう状態のことをいいます。

このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態につながるとされています。

そして低栄養こそ、これまでに説明した悪い状態の全ての原因なのです。

一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、美味しさもその見た感じもあまり良いものではありませんでした。入院中のお年寄りのごはんが思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないと決めました。

病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後のご飯についてアドバイスをもとめたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.