介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養素を考慮

高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必

高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを創り、丁寧に調理されたものを出していますが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大切です。また各老人ホームによりますが、持とからなめらかになっているご飯ではなく、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、味わって食べられる創り方を教えてくれる老人ホームもあります。歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。

どんなにご飯への不安があるとしても楽しくご飯ができるように、介護用の食品には、食べやすさを第一に考えて創られた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護のための食品は、心休まる瞬間を創る手助けになったり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかも知れません。

介護を受ける側も、手助けをする側も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみてちょうだい。食べることに対して興味関心が薄れてきてしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよいご飯を心がけましょう。ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆを創る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。

そのためおかゆとともに、その他の食材を上手く組み合わせて、意識して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。

歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。今まで何の問題もなく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときにむせることが増え、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。

他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなるため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、そもそもの食べる量が少なくなったりして健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。

体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、いつまでも体を不自由なく動かせるように良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。

たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐でかわりに補うことが出来るはずです。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質には各種のアミノ酸、ビタミン(水溶性ビタミン、脂溶性ビタミン、ビタミン様物質の三種類に大別されています)そしてミネラルが入っているため、たくさんの品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、長生きできるそうです。加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。

食べる力が衰えてしまった方のために介護食は提供されていますが、食べる力は人によって異なります。

問題なくご飯をするための目安として介護食のレベルがあります。食べる動作の難しさの度合いによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設と同じように家庭でも安全なご飯形態の目安として使いやすい指標です。

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。

フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉が上手く働かなくなったことが原因で歩行や日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そして更には起き上がるのも厳しい状態に繋がってしまいます。

これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。

病院で出されるご飯は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。

入院中のお年寄りのごはんがあまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食のような見た目も味も悪いごはんは出さないと心に誓いました。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後のご飯について伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

三食を小分けにして冷凍庫で保存しておくと用意に時間がかからなくなります。

口にしやすい介護食を創るため、そして介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、専用の調理器具があるとまあまあ助けになります。一般的に介護食は柔らかく、なめらかな食感、咀嚼しやすいサイズです。フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることも出来るはずです。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見栄えも味も悪くなってしまうと、食に対する意欲が薄れてしまいます。

上手く噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に入れたときに、水分を吸収してしまうような食べ物は食べるのが大変です。

そうは言ってもむせ込みの原因として水分の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に創り変えます。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.