介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立を作り、丁寧に調

介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立を

介護施設のご飯は栄養士がバランスの良い献立を作り、丁寧に調理されたものを出していますが、飲み込向ことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があります。

場所によっては、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、歯がない方や嚥下能力が低下した方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。介護食は食べやすい状態にすることはもちろん、介護する側も介護食を造る負担を軽減するためにも、調理器具を使うことをお奨めします。一般的に介護食は柔らかく、口に入れ立ときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。

フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくする事もできます。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

食べることが苦痛に感じられるようになってしまうと、必然と用意するものも簡単なものになってしまうでしょう。そんなときは、身近にある食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をすることがとても大事です。

あまりご飯をしたくないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。

おかゆを造るとき、ごはんより多く水を使うので、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。

もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、エネルギーと栄養をプラスしましょう。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

以前食べていたものを思うように食べられず、飲み込むたびにむせるようになり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう怖れもあります。

他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比較するとなくなるため、あまり困難なく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、あまり多くの量を食べなくなり体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、見た目、美味しさのどちらを取っても満足いくものではありませんでした。

入院中のお年寄りのごはんが思うように進まなかったのは噛向ことが難しいからではなく、多くが見た目や味の悪さなので、自宅で造る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。

年齢の変化や病気によっていままでのようにご飯ができなくなります。

介護食はご飯が思うようにできない方のためのご飯ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとして介護食は程度によって分けられています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドをわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで家庭でも病院や施設と同じように問題なくご飯を行うためにとても役立つ指標です。加齢や病気・怪我などにより、固いものが食べづらい、水分が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。

どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあるでしょう。

ご自宅で介護食を造ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、何を造るか頭を悩ませる必要もなくなります。

介護をうける方も、介護をする方も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くお奨めします。

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。

フレイル、それは以前に比較すると体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪くなりつづけると介護が必要になってしまう可能性が高いことをいいます。

このフレイルという状態から、筋力が衰えてしまう「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の障害により歩行や座ったりなどの日常生活が難しくなってしまう「ロコモティブシンドローム」、そしてその上に起き上がるのも厳しい状態になってしまうといいます。そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。怪我や病気に負けない体を造るためにカロリーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。

たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、もし肉や魚が上手く食べられない人は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることをお奨めします。卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質にはアミノ酸、ビタミンそしてミネラルなどの栄養素が含まれている為、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、その上より長く人生を謳歌できるといいます。

食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食欲は無くなってしまいます。

上手く噛めない方でも口にしやすいか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。高齢者は唾液の分泌量が低下するため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、食べやすい具材を使用して、ご飯に負担のない形状に作り変えます。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.