介護食の宅配食がおすすめ!

ホームボタン
加齢や怪我そして病気などによって、固いものが

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手く食べられない、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

どんなにご飯への不安があるとしても楽しくご飯ができるように、介護用の食品には、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあるのです。

家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護用食品があれば、気持ちに少しゆとりができたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。

介護をうける側も、手助けをする側も、どちらにとってもありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

病院食は完成品を丸ごとミキサーにかけた流動食が中心で、見た目も悪く、味もおいしいとは言えないものでした。

入院生活を送っている高齢者の方のご飯があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因なワケではなく、食欲をそそるような見た目・味ではなかったことによるものなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。病院で摂食嚥下障害看護認定の看護師さんに退院後の介護食の助言を求めたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えてもらいました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなれば気づきました。

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理師が調理したお料理を提供しておりますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その状態にあった調理方法で提供する必要があるのです。そしてさらに施設によってはどの料理も見た目にさほど差のないペースト状のご飯ではなく、料理の見栄えを大切にしつつとっても簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、上手く噛むことや飲むことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を教えてくれる老人ホームもあります。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というでしょう。

フレイルとは昔にくらべて思うように体を動かせなくなったり体重が落ちてしまったりなどと、このままでは要介護の状態になるおそれが十分にある状態のことです。そしてフレイルの状態は、「サルコペニア」といわれる筋肉量の低下や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がることが知られています。そしてこの負の連鎖をを引き起こしている事が栄養不足なのです。

見た目が良くて美味しそうな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、ご飯本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食欲は失われてしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安心してご飯ができるように最大限の工夫がなされています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。

逆に水分が多くても、むせ込みの原因にもなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に創り変えます。年齢の変化や病気によってそれまでのようにご飯ができなくなります。

介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、食べる力は人によって異なります。不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとしてレベルごとに分けられているのが介護食です。

嚥下食ピラミッドは食べる動作がどの程度困難かによって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、どの段階の方でも美味しくご飯ができるように、食物のやわらかさなどを統一することで、家庭でも病院や施設と同じように安全にご飯を行なうために非常に役たつ目安です。

ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、おいしいものを食べたいという考えがなくなり簡単にご飯を済ませてしまうことが多くなります。

そういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たとえ少ししか食べられないとしてもバランスのよいご飯を心がけましょう。

ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、そのエネルギーは、たとえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。ですからただおかゆを食べるだけではだめで、それ以外に栄養のあるものを加えるようにして、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込んだり噛むことも満足にできなくなっていきます。

今まで何の問題もなく食べていたものを思ったように食べることが困難になり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、気管に食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまうおそれもあります。

また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして栄養が偏った状態になっているおそれがあるのです。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、身の回りの世話をする方のご飯の用意の負担をできるだけ少なくするためにも、それを作るための器具はとても役にたちます。介護食においてとても重要なポイントは、やわらかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることも出来ます。さらになめらかにするときには、裏ごし器使うことによってそれは解消されます。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、いつまでも体を活発に動かせるように質の良いタンパク質(極端なダイエットで不足すると、体調が悪くなりますし、見た目もボロボロになります)を摂ることを心がけましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐で換りに補うことができます。

卵や豆腐とはまた違って、肉や魚などの動物性たんぱく質(三大栄養素の一つで、生きていく上では必要不可欠です)には栄養素、たとえばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富ですので、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人とくらべて歳を取っても活発に活動ができ、長生きであるという調査報告もあります。

Copyright (C) 2014 介護食の宅配食が安いおすすめランキング All Rights Reserved.